文化の交流地 酒田

文化の交流地 酒田
文化の交流地として今もにぎわう

北前船で賑わった湊町・酒田

酒田市を見下ろす日和山公園にある千石船 

江戸時代、大阪と蝦夷地(現在の北海道)を結び、米やニシンなどを各地に運んだ北前船。酒田では「ベザイ船(べざいせん)」と呼ばれたこの回船は、中継港となった酒田に大きな繁栄をもたらしました。酒田の湊は、蝦夷や上方に向かう北前船だけでなく、最上川を行き来する川船も多数集まり、大きな賑わいをみせ「西の堺、東の酒田」と言われるほどの賑わいだったといいます。このように各地との交易が盛んだった酒田。「~さけ(接続詞)」という酒田の方言は、大阪の方言「~やさかい」に由来するといわれるなど、日本各地の言葉が方言として使われており、方言からも各地との交流の濃さを感じられます。


本間様には及びもせぬが せめてなりたや殿様に

本間家が収集した美術品を展示する本間美術館

北前船がもたらした繁栄によって、酒田には「豪商」と呼ばれる家が多数ありました。その中でも最も有名なのが、日本一の大地主と名高い本間家です。庄内藩を治めた藩主(酒井氏)よりも裕福だといわれ「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」という川柳が当時庶民の間に広まったほどの豊かさだったと言われています。また、「国家や郷里のために全力を尽くすこと」「よく働き倹約に努めること」「人の目に触れない善い行いを重んじること」などの家憲(一家の掟)が本間家には代々伝えられ、庄内藩の財政が厳しい時や、飢饉で農民たちが苦しい時には率先して郷土の人々ために救済にあたったと言われています。



  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.