北前船文化と豪商めぐり

詳細

全国に名を馳せた豪商の邸宅等が今も残されています。

丙申堂は鶴岡城下で庄内藩の御用商人として発展した風間家が、明治29年丙申の年に武家屋敷跡に住居と営業の拠点として建てました。本間家旧本邸は明和5年(1768)本間家3代光丘が藩主酒井家のため、幕府巡見使の宿舎として、旗本2,000石の格式をもつ書院造りで建造したものです。


鳥海高原で猛禽類について学ぼう

詳細

鳥海山の麓、標高500mの高原で大自然を満喫してみませんか?

猛禽類保護センター(愛称:鳥海イヌワシみらい館)は、山形県、秋田県にまたがる約28,000haの鳥海国定公園内山形県側の鳥海山南麓にあります。 付近はイヌワシの生息地として知られています。


映画「おくりびと」の舞台を訪ねて

詳細

感動の舞台のロケ地を訪ねてみませんか?

月光川河川敷では映画「おくりびと」の印象的シーンが撮影されました。大悟が旧朝日橋から鮭が遡上するのを見ているシーン、大悟が残雪の鳥海山をバックにチェロを弾くシーン、大悟が美香(広末涼子)に石文(いしぶみ)を渡すシーンなどなど。NKエージェントは元料亭「割烹小幡」ですが、「おくりびと」のロケ地となった…


庄内米の歴史を学ぼう

詳細

熊谷神社は、大正から昭和にかけて寒冷地である東北・北陸等に広く普及し、現代のササニシキやコシヒカリといった良質米のルーツとなった水稲品種「亀の尾」の発祥の地です。亀ノ尾の里資料館は、この「亀ノ尾」を創生した阿部亀治の功績をたたえ、農具・民具などの資料を展示しています。また、「亀の尾」は酒造適正米と…


鳥海山登山 鶴間池 日帰りコース

詳細

ブナ林の散策と池沢の清流を楽しもう!

野鳥のさえずりを聞きながら、鶴間池南岸からの眺めを堪能しよう!


花めぐり(夏)

詳細

力強く咲き誇る花々と夕陽に魅了される夏

山ユリが咲き誇る「山本坊」や、夏の花を代表するひまわりが一面に広がる「月山高原」。
日本海に沈む夕陽とともに夏の花めぐりをお楽しみください。


《女性の味方》酒田満喫コース

詳細

独特の祈願方法で開運出世を祈る酒田市八幡地区の「不動の滝」、海向寺は忠海上人、円明海上人の2体の即身仏があることで有名です。NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケ地である下日枝神社では良縁成就、家内安全を祈りましょう。
楯の川酒造の「子宝リキュール」は果汁のたっぷりのリキュールで、フルーツを食べるよ…


豪商と米蔵半日コース

詳細

日本一の大地主と呼ばれた本間家の庭園や本邸、現在も米蔵として使われている山居倉庫を周遊します。
無料観光自転車での周遊もおすすめです。


海上から日本海の夕陽を堪能しよう!

詳細

期間限定で酒田港周遊コースを運行!日本海に沈む夕陽を海上からながめよう。

通常は飛島の勝浦港と酒田港を往復している定期船「とびしま」ですが、夏季の期日限定で夕方に酒田港を周遊するクルージングを行っています。酒田港クルーズで感動の夕陽をあの人と一緒に眺めてはいかがですか。


庄内の名建築を巡る旅

詳細

庄内に残る歴史的建造物を巡る旅

本間美術館は文化10年(1813年)に建築され、名勝「鶴舞園」をはさんで本館と新館(昭和43年竣工)があります。本館は清遠閣と称され、藩政時代は庄内藩主や幕府要人を、明治以後は皇族や政府高官、文人墨客を接待する酒田の迎賓館の役割を果たし、大正14年には昭和天皇のお宿にもなりました。 国宝羽黒山五重塔は羽黒山参…



  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.