旧酒田市内の社寺を探索
プチ巡礼の旅 酒田エリア 寺社探索コース

酒田の旧市内で社寺巡り

3時間

酒田駅を基点に旧酒田市内にある社寺を巡ります。途中旧町名で寺町と呼ばれたその名のとおり多くの社寺が存在する地域を通りますので、それらの社寺に立ち寄るのもお奨めです。また最終ポイントの海向寺の向かいには、おくりびとのロケ地のひとつであるNKエージェント(旧割烹小幡)があり、日和山公園もすぐ近くにあります。

キウリ(キュウリ)天王さんと呼ばれています
酒田三十六人衆ゆかりの地
高さ17mの酒田大仏は必見
酒田祭りは上・下日枝神社の祭典です
二体の即身仏が祀られているお寺

スタート

酒田駅より徒歩5分

1
八雲神社
キウリ(キュウリ)天王さんと呼ばれています

祭神 素盞鳴尊・牛頭天王。
例祭7月24日、25日。
祭例にはキュウリを供する。
別名「キュウリ天王山」とも言う。

徒歩7分

2
泉流寺
酒田三十六人衆ゆかりの地

◎宗派/曹洞宗
◎開山/文明7年(1501〜4)
◎開祖/鳳室正全大和尚
◎本尊/釈迦無尼仏


奥州平泉の藤原氏没落の際、秀衡の妹「徳の前」という女性が、36騎の従臣たちを従えて酒田に落ちのびた。
「徳の前」が尼となり「泉流庵」を建てたのが寺の始まりといわれる。
36人の遺臣たちは、地侍として住み着き、廻船問屋を営んで、36人衆を組織し、酒田の発展に努めた。

徒歩7分

3
持地院
高さ17mの酒田大仏は必見

◎宗派/曹洞宗
◎開山/応永2年(1395)
◎開祖/湖海理元裸師
◎本尊/正身釈迦牟尼仏・鎮守千手観世菩薩


酒田の街を慈愛の眼差しで見つめる持地院の大仏。高さ17mの銅製の立像です。鎌倉や奈良の座像としての大仏とは異なり、すっと立った優しい面差しの姿をぜひご覧いただきたい。

徒歩4分

4
下日枝神社
酒田祭りは上・下日枝神社の祭典です

◎祭神/大己貴命・大山昨命・胸肩仲津命


5月20日の酒田まつりは上・下日枝神社の例大祭で慶長14年(1609)から途絶えることなく続いている。
現在の社殿は天明4年(1784)のもの。酒田の産土神、酒田まつり(山王祭)の主神である。山王の杜の豊かな緑に囲まれた随神門、社殿など、いずれも素晴らしい規模と細工を誇る。
豪商などの寄進による社殿内の絵馬なども一見に値する。
通称「下の山王さん」と呼ばれ親しまれている。

秋には日和山公園側の鳥居を入ったところにある大銀杏の見事な黄葉が見られる。

徒歩3分

5
海向寺
二体の即身仏が祀られているお寺

庄内には6体の即身仏があり、そのうち2体が砂高山海向寺の即仏堂に祀られています。
一寺に2体の即身仏が祀られているのは全国でもここだけです。
海向寺は今から1,200年前に真言宗の開祖弘法大師空海が開いたと伝えられています。
末世までの人々の苦しみを救い願い事をかなえるため、忠海上人、円明海上人が1千日修業を積み即身仏となり、現在は即身堂に奉安されています。
縁日は8月1日~3日に開催され、この間は夜間にも即身仏を拝観することができます。

詳細を見る

住所酒田市日吉町2-7-12
TEL0234-22-4264
ホームページ詳細はこちら
営業時間9:00〜17:00
(11月〜3月は9:00〜16:00)
アクセスJR酒田駅から車で約6分
JR酒田駅から庄内交通バスで5分寿町下車、徒歩で5分
日本海東北自動車道 酒田ICから車で約17分

徒歩23分


ゴール

酒田駅到着、お疲れ様でした




  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.