鳥海山・月山トレッキングに行こう

2018.12.25

四季折々の自然を感じ、別世界のような美しい景色と出会えることがトレッキングの魅力。
深田久弥が著した「日本百名山」でも名峰「鳥海山」と「月山」が紹介されています。日本海と大地が見渡せる眺望、そしてブナ林や高山植物の群生を心行くまで堪能することができます。自分の足で歩くからこそ、絶景にたどりついたときの感動はまた格別。
さまざまなコースがあるので、初めての方もベテランの方も自分のペースで楽しむことができますよ。

※登山の際は、具体的な計画を立て、体調を整えたうえで、必要な装備でもって、十分に注意しておこなってください。
 また、最寄りの警察署や交番には必ず『登山届』を提出し、家族や勤務先にも行先を告げるようにしましょう。

ルートいろいろ

鳥海山、月山ともトレッキングルートが豊富です。山頂を目指して登る正統派はもちろん、新緑、紅葉を楽しみながらハイキングができる2時間くらいのコースもあります。
季節を変え、コースを変え、何度でも訪れたい鳥海山と月山。訪れるたびに、新たな感動に出会うことでしょう。
山を安全に楽しもう!

山を安全に楽しもう!

個人での登山も楽しいけれど、山を知り尽くしたガイドさん達と
一緒に登ってみませんか。
経験豊富なガイドさんの案内で、思い出深いトレッキングになることまちがいなしです!

ルートや時間によって料金が異なります。
詳しくは下記へお問合せください。

遊佐町鳥海山ガイド 
  TEL0234-72-5666
月山ガイド協会   
  TEL0235-62-4321
月山朝日ガイド   
  TEL0237-74-5130

鳥海山に登る!

山形と秋田の県境に位置し、東北を代表する山。
日本海の海抜0メートルから頂上まで一気に立ち上がるとても珍しい山。標高2,236mの高さは、独立峰としては東北一位の高さです。凛とそびえる気高い雰囲気、そして富士山にも例えられる秀麗な姿は今も昔も人々を魅了してやみません。独立峰のため視界はひらけていて、山頂からの眺めは見事!の一言です。
その美しい姿から“出羽富士”と呼ばれ、古くより親しまれてきました。山全体が国定公園に指定されており、その貴重な原生林や高山植物を鑑賞しに毎年たくさんの人が訪れます。個性的な滝やカルデラ湖など、様々な表情が見られるのも特徴です。
春から秋にかけてドライブコースもオススメ!

春から秋にかけてドライブコースもオススメ!

鳥海山までのドライブルートは、高山植物や眼下に見えてくる庄内平野と日本海を望みながらのドライブコースとしても人気です。
◎鳥海ブルーライン(山形県遊佐方面)を車で登ると、鉾立口(五合目・1,500m)が車道終点。そこから東屋までちょっとしたトレッキング気分で山を楽しむことができます。
◎鳥海高原ライン(酒田市八幡方面)の車道終点は湯ノ台口(五合目・1,200m)。途中、通称「のぞき」から鶴間池をまさしくのぞくことができます。

 

鳥海山に向かうには?

鳥海山の登山は、5月~10月にかけて可能です。その中でも6月の終わりから10月のはじめにかけてがオススメの登山時期。
各月で見られる景色が変わるのも登山の醍醐味です。
天候次第ではありますが、運がよければ朝日に照らされた鳥海山のシルエットが海に浮かび上がる「影鳥海」を見ることも!
乗合タクシーのご利用がおすすめ!

乗合タクシーのご利用がおすすめ!

春から秋にかけての登山シーズンには、酒田駅や遊佐駅から鳥海山の登山口(湯ノ台口・吹浦口)へ向かう乗合タクシーが運行されています。

鳥海山乗合タクシー
 (酒田第一タクシー)
  TEL0234-22-9944
鳥海登山エクスプレス
 (酒田合同自動車)
  TEL0234-22-4433
 

【鳥海山】初級者向け!鳥海湖を目指すコース

吹浦口ルート 鳥海湖コース
【大平登山口】⇒(70分)⇒【清水大神】⇒(50分)⇒【河原宿】⇒(40分)⇒【御浜小屋】⇒(30分)⇒【鳥海湖】

初級者でもトライしやすく、また高山植物の鑑賞を目的にしている人にもおすすめのコース。
登りはじめが最大の難所ですが、ここを越えると丘陵が広がり、眼下の展望も抜群!夏には鳥海湖周辺に「ハクサンイチゲ」や「ニッコウキスゲ」などが咲き乱れ一面花畑に!7~8月頃が見ごろです。

■吹浦口(大平)までの交通アクセス
【車】
①酒田駅―(約60分)―吹浦口(大平) 
②遊佐駅―(約40分)―吹浦口(大平)
③庄内空港―(約1時間)―吹浦口(大平)

【鳥海山】ベテラン向け!山頂への最短ルート

湯ノ台口ルート 山頂コース
【車道終点】⇒(30分)⇒【滝ノ小屋】⇒(60分)⇒【河原宿】⇒(40分)⇒【雪渓】⇒(60分)⇒【伏拝岳】⇒(150分)⇒新山頂上

山頂への最短ルートとして人気のコース。
大雪渓をトラバースしたり、外輪山の尾根沿いの道を上るなど、登山になれた中・上級者向けコースです。
八丁坂から河原宿周辺では高山植物の群生を見ることができ、右手には千蛇谷の展望も楽しめます。

■湯ノ台口までの交通アクセス
【バス】
①酒田駅―(バス約30分)―酒田市八幡総合支所―(ぐるっとバス乗換・約30分)―湯の台温泉鳥海山荘―(タクシー約25分)―湯ノ台口
①庄内空港―(約35分)―酒田駅―(バス約30分)―酒田市八幡総合支所―(ぐるっとバス乗換・約30分)―湯の台温泉鳥海山荘―(タクシー約25分)―湯ノ台口
【車】
①酒田駅―(約40分)―湯ノ台口
②酒田みなとIC―(約35分)―湯ノ台口
③庄内空港―(約50分)―湯ノ台口
ゆっくりと温泉はいかが

ゆっくりと温泉はいかが

登山のあとはやっぱり温泉!心身をゆったりといやしませんか。
登山口付近のオススメ温泉施設はこちらです!

◎(湯ノ台口)湯の台温泉 鳥海山荘 
         TEL0234-61-1727
◎(吹浦口)鳥海温泉 遊楽里
       TEL0234-77-3711

月山に登る!

出羽三山の最高峰、羽黒山・湯殿山と並び、東日本最大の山岳信仰の山として知られる月山(1,984m)。
今も白装束の山伏たちが修業する姿が見られる月山には、地元の人はもとより遠方からも多くの登山者や信者が訪れます。

麓のブナ林や点在する湖沼など、トレッキング中に出会える表情豊かな自然も魅力の月山。湿原を散策するコースやリフトを利用するコース、約350種類ともいわれる花々を鑑賞するコースなど、ルートは豊富。
コースによっては、登ってみると比較的なだらかで、トレッキング初心者にも人気!
そして、月山登山の最大の魅力はその眺望にあります。頂上付近にたどり着くと、そこは360度のパノラマ!天気のいい日には雲海と雲海を隔てて出羽富士鳥海山や朝日連峰まで見渡せることもあり、まるで空に浮かぶ大地のような圧巻の景色が広がります。夏でも残雪があるので至る所で雪渓を見ることができ、その上を歩いて登れるのも月山トレッキングの醍醐味です。

月山に向かうには?

月山は、例年5月~6月にかけて夏スキーができ、6月から10月にかけてがオススメの登山時期です。特に7月~8月は、多彩な高山植物が観察できますよ。

月山8合目に至る県道211号(月山公園線)は、例年10月下旬になると閉鎖し、翌年6月下旬に開通するまで通行ができなくなります。時期は、その年ごとに前後する場合もあるため、要チェックです。

【月山】多彩な高山植物が咲く!花畑ルート

羽黒口ルート
弥陀ヶ原周遊コース(1周 約60分)
【月山8合目駐車場】⇒【弥陀ヶ原】】⇒【月山中ノ宮】⇒【月山8合目駐車場】

月山8合目までは車で楽々アクセス!駐車場からほど近い弥陀ヶ原は傾斜がなだらかな湿地帯で大小さまざまな沼が点在しています。6~8月まではニッコウキスゲ・ミズバショウ・ヒナザクラなどが咲き誇り、お花畑のような景色に!五穀豊穣、縁結びの神として信仰されている中ノ宮にもお参りを。

■羽黒口までの交通アクセス
【バス】
 ①鶴岡駅―(バス1時間30分)―月山8合目
 ②山形駅―(高速バス・2時間)―鶴岡駅(バス乗換え・1時間30分)―月山8合目
【車】
 ①鶴岡駅―(約1時間)―月山8合目
 ②庄内あさひIC―(約50分)―月山8合目
 ③鶴岡IC―(約1時間)―月山8合目
 ④庄内空港―(バス約30分)―鶴岡駅―(バス乗換え・1時間30分)―月山8合目
※月山8合目駐車場は約150台の駐車が可能ですが、登山シーズンは大変混み合いますので、バスもしくは乗り合わせでのお越しをおすすめいたします。

【月山】日本海を望む大パノラマを満喫する

羽黒口ルート 
山頂コース(片道約3時間)
【月山8合目駐車場】⇒【弥陀ヶ原】】⇒【月山中ノ宮】⇒(90分)⇒【仏生池小屋】⇒(75分)⇒【月山山頂】

片道約3時間の登山コース。標高1,984mの山頂からの眺望は絶景です!あまりのすばらしさに身体の疲れも一瞬で吹き飛んでしまうでしょう。夏なら神秘的なクロユリやヒナザクラの群落に出会えることも。山頂の月山神社には、海の守護神ともいわれる月読命(つくよみのみこと)が祀られています。

「生まれかわりの旅」として日本遺産にも認定された出羽三山詣でとして、月山の山頂から湯殿山へ縦走する方も。その場合、ガイドによる先達をおすすめいたします。(要予約)食料や装備も準備万端で臨みましょう。

何度でも訪れたい!

鳥海山、月山それぞれ2コースずつのルートをご紹介しました。
それぞれご自身にあったものを選んで、鳥海山、月山の登山をお楽しみください。
備えあれば憂いなし!しっかりと準備したうえで安全に登山をお楽しみください。
PR