日本海の島 飛島

2018.12.25

飛島は山形県酒田市の北西方向に39kmの日本海上に位置する山形県唯一の有人離島です。島全域が国定公園(鳥海国定公園)になっており、島ならではのウォーキングやバードウォッチング、釣りや海水浴が楽しめます。豊かな自然が育まれた島内には天然記念物が10ヶ所存在。
港に降り立つと、島独特の空気感があなたを包みます。コンビニやスーパー、信号機はありませんが、ここに魅力を感じて毎年訪れるリピーターも多数おります!
ぜひあなただけの楽しみ方を見つけてみましょう。

飛島で、離島ならではの「海」と「山」を楽しむために、まずは定期船をチェック!

島へは酒田港(酒田市定期航路事業所)から「定期船とびしま」が運航されています。所要時間は約1時間15分。運航頻度は1日1~3便。季節によって異なり1便のときは島の滞在時間も約2~3時間(2便のときは約5時間)のため、計画的にコースを組んで楽しむか島内で宿泊してゆったりと島を満喫するか、運行カレンダーをまず確認しましょう。

日本海の北にある島なのに年平均気温は12℃以上とあたたかく、さまざまな花が咲き、バードウオッチャー憧れの渡り鳥もたくさん訪れます! 穴場ビーチに釣りスポット、ミステリアスな洞窟など、遊び方はいっぱいですので宿泊での滞在をおすすめします!

※往復運賃:大人4,200円(中学生以上) 子ども(小学生・幼児)2,100円
※支払いは現金のみ

山形県唯一の有人離島「飛島」を満喫する5つの過ごし方

①トビシマカンゾウは必見! 花を見ながら「飛島」散策。

春にはキクザキイチゲ、オオミスミソウ、5月にはハマナス、6月にはトビシマカンゾウ、夏にはクルマユリなど春から夏にかけて、飛島ではさまざまな野花を楽しめます。特に5~6月が最盛期で、野花を眺めながらウォーキングするにはぴったり。一番の見どころは初夏に開花するトビシマカンゾウ。鮮やかな黄色が特徴の花で自生するのは飛島と酒田市の一部、佐渡島に限られています。

飛島はもちろん、タクシー・バスなどはありません。徒歩・レンタル自転車での散策となるため、とびしまコンシェルジュに島内ガイドをお願いするのもおススメです!

とびしまコンシェルジュ
電話:0234-96-3800
トビシマカンゾウは見て楽しむだけじゃない!?

トビシマカンゾウは見て楽しむだけじゃない!?

飛島では3月頃にトビシマカンゾウの新芽を乾燥、ぬか漬けなどにして保存食にしたり、6月頃に咲く花を採取して塩蔵して食べています。 またかつては枯れた葉で草履を編んだり、茎に蝋を塗ってマッチの代わりにしたりなど、見て楽しむだけでなく余すところなく活用される身近な存在でした。(飛島は島内全てが国定公園になっているので植物の採取は禁止されています。採取可能なのは島民の慣習法による場合のみです)

②野鳥の宝庫「飛島」でバードウォッチングを楽しもう。

渡り鳥の中継地となっており季節により多くの鳥が見られ、その種類は約300種!バードウォッチングには春と秋の渡り鳥の季節がおすすめ。大陸から来る鳥と列島を南下する鳥でにぎわいます。普段見かけることがない「珍鳥」と出会える確率も高いとあって、バードウォッチャーに大人気です!
どんな野鳥がいる?? 島に着いたら事前にチェックも。

どんな野鳥がいる?? 島に着いたら事前にチェックも。

飛島の港近くにある「島のミューゼアム澗(にま)」にも渡り鳥の写真が多数飾られています。どんな野鳥がいるの? バードウォッチングはしたいけど時間がないという人は立ち寄ってみては?

③大物釣りは「飛島」で。宿に泊まって釣り三昧。

酒田沖の飛島といえば、日本有数の釣りスポット。真鯛、黒鯛、石鯛、コブダイやメジナの他、ヒラマサ、アイナメ、カレイ、ヒラメ、アジ、メバル、ソイ、タナゴなどなど、の魚を釣ることができます。また、その魚のスケールの大きさは、超がつく一級品。たくさんの釣りファンに親しまれています。磯釣りが好きな方ならぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

飛島遊漁船業協議会(旅館おばこ)では、飛島を訪れる観光客用に様々な釣り体験が楽しめるコースを用意しています。飛島をぐるりと一周する漁船タイプの遊覧船から、磯渡し、沖釣り船、その他イカ釣り体験なども。飛島にある「旅館おばこ」は網元直営の漁師が経営する旅館なので、釣り船の相談はもちろん地場の新鮮な海の幸も楽しめるので泊まって釣り三昧はここで決定!
気軽に手軽に釣り体験!

気軽に手軽に釣り体験!

勝浦港の南岸にある飛島海づり公園では桟橋の上から釣りを楽しむことができます。 釣り竿をレンタルもできるので親子で手軽に釣りを楽しみたい場合はこちらがおすすめです!

④夏の海水浴は飛島で! 混雑知らずの天然プライベートビーチ!?

飛島で唯一遊泳可能な「飛島海水浴場」は自然の入り江で囲まれた波も穏やかな天然ビーチ。湾になっているのでほとんど波もなく、透明な海で魚と一緒に泳ぐことができます。まるで南国の無人島にいるかのような青く透明に透き通った海は、島旅の醍醐味を味わうことができます。

海開き期間は約一ヶ月ですが、平日は訪れる人が少ないのでプライベートビーチ気分で楽しめます。
※飛島は鳥海国定公園のため、キャンプをすることができません。またキャンプファイヤー等火を使うことも禁止されています。

➄飛島の不思議スポット巡り。伝説や昔話から読み解く島の歴史。

こぶしほどの大きさの丸石が大量に打ち上がった「賽の河原」。島民からは古くから死者の魂が集まる処と信じられ、この賽の河原に積まれた石は崩してもいつの間にか元に戻るとか?
※ここの石は持ち出すと良くないことが起こるといわれているため、決して石を持ち帰ってはダメ!

他にも屋島、壇ノ浦の戦いに敗れた平家の武者たちが海上に活路を求め船で北上し飛島に漂着。追っ手から逃れるため落ちのびる船中で最後を遂げた武者たちを葬り、漁具に持ち替えた刀剣、甲冑を埋めた場所と伝えられている「源氏盛・平氏盛」。古くから神聖なところとされ、平安時代の人骨や土器が多数出土した謎の洞窟「テキ穴」。海賊の砦だったとも言われている舘岩にある古代の絵文字が刻まれているとされる謎の「刻線刻画石」。西方沖に浮かぶ烏帽子群島には、かつて飛島を訪れた弘法大師が、離れ島の不便を哀れんで島と本土の間につくった橋が崩れ、その橋桁が流れ集まったものだという伝説が残る「材木岩」など、たくさんの不思議スポットが点在しています。

こちらも、とびしまコンシェルジュに島内ガイドをお願いするのもおススメです!

飛島での食事

飛島で民宿と旅館以外に食事ができる場所は3か所と限られています。島のコミュニティースペースとも言えるカフェ「しまかへ」では日替わりランチ(カレー、パスタ等)、一品料理(唐揚げ、ピザ等)、ソフトドリンク、アルコール各種も。地元の人も利用するので、飛島の島民ならではのお話が聞けるかも。
島の食材を使ったラーメンが食べられる西村食堂とほんま食堂。

島の食材を使ったラーメンが食べられる西村食堂とほんま食堂。

島の名産トビウオからとった出汁で作るラーメンが食べられます。西村食堂の「島のラーメン」にはトビシマカンゾウの花の塩漬けがトッピング!

飛島での宿泊

飛島の宿泊は旅館が6軒、民宿が7軒。受け入れ人数に限りがありますので、宿泊の場合は必ず予約をいれてください。

冬期休業期間:例年11月~4月(要問い合わせ)

民宿:1泊2食7,500円~
旅館:1泊2食8,000円~
※昼食は別途予約必要。カード支払い無。

■旅館
なごし旅館:
 0234-95-2004
 酒田市飛島字勝浦乙132-12
港旅館:
 0234-96-3103
 酒田市飛島字勝浦乙1-110
旅館おばこ:
 0234-96-3036
 酒田市飛島字勝浦乙132-19
旅館おらが海の家:
 0234-96-3123
 酒田市飛島字勝浦乙157
中央旅館:
 0234-95-2036
 酒田市飛島字勝浦甲36
沢口旅館:
 080-2805-5686
 酒田市飛島字勝浦甲73

■民宿
民宿 波止場荘:
 0234-96-3178
 酒田市飛島字勝浦乙7-13
民宿 美島屋:
 0234-96-3110
 酒田市飛島字勝浦乙7-7
民宿 日本海:
 0234-95-2206
 酒田市飛島字勝浦乙7-5
民宿 みのり荘:
 0234-95-2153
 酒田市飛島字勝浦乙152
民宿 大福:
 0234-96-3132
 酒田市飛島字勝浦乙153
民宿 あづま荘:
 0234-95-2102
 酒田市飛島字勝浦甲52-1
民宿 勝浦荘:
 0234-96-3151
 酒田市飛島字勝浦甲104

飛島に行きたいけれど・・・ 時間が無いという人に!

飛島は興味があるけれど、ちょっと時間がない!? という人には酒田市内の北前横丁にある「島の炭火焼き居酒屋 炭かへ」で夜ご飯。ここは、飛島にあるカフェ「しまかへ」の姉妹店。飛島直送の魚介類を炭火焼で食べられます。
また、酒田駅近くの「割烹さわぐち」のご主人は飛島出身。食材にこだわり、飛島の漁師の知人から食材を直接仕入れています。


【北前横丁「島の炭火焼き居酒屋 炭かへ」】
・営業時間
 【通 常】17:00~23:00(LO22:30)
 【金/土/祝前日】
      17:00〜25:00(LO24:30)
・定休日:水曜日
・電 話:090-7070-1075
>詳しくはこちら

【割烹さわぐち】
・営業時間
 11:30~14:00
 17:00〜21:30
・定休日:日曜日
・電 話:0234-26-6888
飛島行きフェリー乗り場で海鮮を楽しむ!

飛島行きフェリー乗り場で海鮮を楽しむ!

飛島行きフェリー乗り場隣にある「さかた海鮮市場」。その二階にある「食事処 海鮮どんや とびしま」は、朝から行列ができる食堂として地元でも有名です。目の前に広がる日本海と酒田港を眺めながら、海の味覚を楽しめます。出航前の定期船とびしまも目の前に。「飛島に行く」つもりでお食事できますよ!

PR