鳥海山登山 鶴間池 日帰りコース

詳細

ブナ林の散策と池沢の清流を楽しもう!

野鳥のさえずりを聞きながら、鶴間池南岸からの眺めを堪能しよう!


プチ巡礼の旅 酒田エリア 寺社探索コース

詳細

酒田の旧市内で社寺巡り

酒田駅を基点に旧酒田市内にある社寺を巡ります。途中旧町名で寺町と呼ばれたその名のとおり多くの社寺が存在する地域を通りますので、それらの社寺に立ち寄るのもお奨めです。また最終ポイントの海向寺の向かいには、おくりびとのロケ地のひとつであるNKエージェント(旧割烹小幡)があり、日和山公園もすぐ近くにあります。


花めぐり(4月中旬~下旬)

詳細

庄内の桜の名所巡りと屋形船からの桜鑑賞をお楽しみください。

庄内地方の桜の名所をめぐります。酒田市内では新井田川堰堤の桜を屋形船に乗っていつもとは違う視点から愛でることができます。「産直たわわ」では「鳥海高原アイスクリーム」でリフレッシュ、松ケ岡開墾場ではクラフト体験でいつもと違うひと時を楽しむことができます。


おくのほそ道をたどる旅

詳細

松尾芭蕉ゆかりの地や句碑が多く残されています。

最上川を舟で下った芭蕉一行が舟からおりた清川は、出羽三山へと至る「いのりの道」のスタート地点であり、ここから上陸した芭蕉一行は出羽三山へと旅を続けました。一行は羽黒山に参ったあと、鶴岡城下に住む庄内藩士長山五郎右衛門重行の屋敷に入りました。長山重行は、呂丸や岸本公羽と共に芭蕉門下の偉人として、鶴岡…


花めぐり(5月上旬~中旬)

詳細

注連寺の七五三掛桜や本間美術館のつつじなど季節の花をお楽しみください

注連寺は標高の高いところにあるため雪解けが平地より遅れます。このため境内にある七五三掛桜は平地より開花が遅く、平地ではすっかり散った後も桜を楽しむことができます。また、水芭蕉も同じ頃に咲いています。釈迦堂の庭園は、樹齢200年を越えるソメイヨシノ、山桜、枝垂れ桜、ツツジ、モミジ林、ツバキ、ハギなど数多…


映画「おくりびと」の舞台を訪ねて

詳細

感動の舞台のロケ地を訪ねてみませんか?

月光川河川敷では映画「おくりびと」の印象的シーンが撮影されました。大悟が旧朝日橋から鮭が遡上するのを見ているシーン、大悟が残雪の鳥海山をバックにチェロを弾くシーン、大悟が美香(広末涼子)に石文(いしぶみ)を渡すシーンなどなど。NKエージェントは元料亭「割烹小幡」ですが、「おくりびと」のロケ地となった…


プチ巡礼の旅 湊町さかた寺町界隈

詳細

情緒あふれる街並に懐かしさを探してみませんか

古くからの湊町、商都として栄えた酒田では、多くの人々が「航海」の安全や「商売の繁盛」などを願い、
お寺さんやお宮さんに対する篤い信仰を持ってきました。
船主、豪商などの寄進により建築され、全国に誇るべき素晴らしい寺社建築物なども多く残り、
その多くが「寺町」と呼ばれる地区に集まっています。


「おくのほそ道」酒田コース

詳細

松尾芭蕉が酒田に入ったのは、6月13日(陽暦7月29日)夕刻でした。
赤川は現在黒森で日本海に注いでいますが、当時は最上川に合流していて、
鶴岡・酒田の間を往来する日通し船が運航されていました。
前泊地鶴岡の内川から赤川を下って、最上川を横切り、瑞賢蔵下の旅人用の桟橋から上陸したとされています。
そこか…


花めぐり(5月中旬~下旬)

詳細

花の寺とよばれる玉川寺や花が彩る砂山公園などをお楽しみください。

別名「花の寺」とも呼ばれる国の名勝玉川寺は九輪草やツツジ、カエデなど多彩な草花が咲き誇ることで有名です。総光寺は 本堂の裏に蓬莱園と呼ばれる庭園があり、池、泉、築山を配し、遠く峰の薬師を望み、滝を落として禅宗の寺にふさわしい静寂の美を漂わせ、国の名勝にも指定されています。眺海の森は県民の森として親し…


庄内札所三十三霊場 巡礼の旅 一泊二日 Dコース

詳細

酒田市およびその近隣からおいでの方へおすすめの一泊二日のコースです。



  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.