グルメ


御菓子司 小松屋

詳細

文豪たちがこよなく愛したお菓子・天保3年(1832年)創業小松屋

小松屋の「呉竹最中」は明治時代の文豪、正岡子規が”青幽なる色調、気品ある風味類なし”と称え、大正時代の代表的な画家、竹久夢二には”明日のお米がなくとも、呉竹でお茶を一服”と言わしめた逸品です。
さらに最近では、料理評論家岸朝子が書いた「全国五つ星の手みやげ」にも登場しています。


飛島のカフェスペース『しまかへ』

詳細

期間限定のオープンカフェ

島で揚がったイカや特産の男爵イモ「ごどいも」を使った「しまカレー」、飛び魚だしを使ったバニラアイスクリームなど、飛島ならではのオリジナルメニューが目白押しです。
開放感のあるオープンカフェ『しまかへ』で特別な夏を満喫しませんか?


人生菓集 宅の店

詳細

酒田の歴史「黒森歌舞伎」から生まれたお菓子。

昭和30年創業。
自慢の一品でもある「歌舞伎くるみ」はシンプルな天然の砂糖、寒天、くるみを使った寒氷菓子です。
黒森歌舞伎を見て感動した初代が、雪中歌舞伎の美しい風景をイメージして作りました。
地元の方はもちろん、遠方の歌舞伎好きの方も訪れます。
他にも豆大福、マカロンロール、年輪(バウムクーヘン)、か…


4 東根菓子舗

詳細

歴史ある酒田の和菓子。気軽にお手頃価格で味わえます。

和菓子専門店として明治9年に創業。
季節にあったお菓子の種類が豊富で、一年間で1000種類ほどのお菓子が提供され、上品な味と甘さで何個でも食べられる美味しさです。
その場で食べられるように、腰かけ椅子もありお茶も出してくれるので、旅で疲れた休憩にも立ち寄れます。
自慢の一品「山吹まんじゅう」はお手頃価格で…


5 栗原甘泉堂

詳細

人気のお菓子は、注文を受けてから作る「きなこだんご」

人気のきなこだんごは、地元のはえぬきと国産米のブレンド米でだんごを作り、黒蜜と庄内町の跡産の青きな粉をまぶしたお菓子です。
注文を受けてから黒蜜と青きな粉をまぶして作るため、できたてを味わえます。
和菓子の他にクッキーやロールケーキなどの洋菓子も販売しております。
季節のお菓子のいちご大福(1月半ば〜5…


6 手打ちそば 出羽

詳細

山形県産の玄そばを使用した挽きぐるみの田舎そばと甘さ控えめで飽きがこないもろこしが人気です

おすすめは合盛りと天ぷらの盛り合わせ。そばと麦切りと天ぷらと全部食べられて大満足のメニューです。
天ぷらの野菜は地元の旬の食材を使っています。
竹炭が入った麦切りのくろすけは、体の中をきれいにしてくれる清浄作用があり人気です。
自家焙煎の蕎麦茶や庄内産の庄内米だけで造った辛口の濁酒いい奴も好評です。


7 酒田 菓匠 菊池

詳細

明治17年(1884)創業の老舗菓子店

「酒田むすめ」「酒田六景」「日本海路」など、酒田の土産品として古くから親しまれています。
また、鳥海山麓でつくられた鳥海高原ヨーグルトをふんだんに使用した「鳥海高原ヨーグルトタルト」など新しい商品も次々と開発されています。季節限定の「りんごタルト」や「マロンタルト」も人気の商品です。


8 竹内菓子舗

詳細

素朴で親しみやすい味のくるみゆべしが人気です

昭和10年創業の和菓子中心のお菓子舗です。
人気のお菓子は酒田ゆべし、鳥海山の伏流水と厳選素材の国産もち米と国産くるみを使い、地元の醤油と砂糖で甘辛に味付けしたもちもち食感のくるみゆべしです。
米俵の形をした最中にサブレー生地を入れて焼いたお菓子、米俵サブレーは酒田夢の倶楽でも購入できます。


9 龜屋菓子舗

詳細

酒田市役所交差点にある昔ながらのレトロな建物が素敵なお菓子屋

とにかく驚かされるのが、こちらのお手頃価格です。
どうしても値段が高くなる名前入りの包装紙を使わないようにしたりと工夫され、おいしい菓子を少しでも安くお客様にという姿勢が素敵なお店です。
お味はどれもとっても、あっさりの口当たりで美味しい品々です。


10 カフェeジェラート モアレ

詳細

手作りアイスの店 約20種類くらいのジェラート シャーベットが味わえます

毎日店内で手作りのフレーバーは、旬の地元の果物や野菜にこだわっています。
バニラやチョコレートといった定番の味も厳選された素材を使用しています。
ジェラートの他にモチモチな食感のパスタも大人気メニューです。



  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.