本間家旧本邸
ほんまけきゅうほんてい

歴史を刻む武家屋敷


明和5年(1768)、本間家3代光丘が藩主酒井家のため、幕府巡見使用宿舎として建造した、旗本二千石格式の長屋門構えの武家屋敷です。
その後拝領し、本間家代々の本邸として使用されたのち、昭和24年(1949)から昭和51年(1976)までは中央公民館、昭和57年(1982)からは観光施設として開邸公開しています。
また、道路を挟んである別館「お店(たな)」では、帳場や度量衡、行灯等の灯かり、台所用品などを展示しながらお土産品も販売しています。

※幕府巡見使…将軍の代替りごとに特派された役人
※書院造り…平安時代の公家住宅の寝殿造りを基とし、近世初頭に確立をみた武家住宅

DATA

住所酒田市二番町12-13
TEL0234-22-3562
営業時間9:30〜16:30
(11月〜2月は16:00まで)
定休12月中旬〜1月下旬
展示替え日
料金大人 700円(630円)
中・高校生 300円(270円)
小学生 200円(180円) 
※( )内は20人以上の場合
駐車場普通車 20台(臨時 30台あり)
大型車 2台
アクセスJR酒田駅から車で約6分
日本海東北自動車道 酒田ICから車で約15分
備考本間美術館との共通入館券1,400円がお得
ホームページ詳細はこちら




  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.