酒田町奉行所跡

さかたまちぶぎょうしょあと

酒田町の治安維持をしていた町奉行所

酒田町奉行所跡は戦国時代、一時最上義光が庄内を領有した時、高橋伊賀が住んでいました。
1622(元和8)年、酒井家入部後は御町代官と称していましたが、1624~1645(寛永年間)までには御町奉行所に改められ、以後明治維新に至るまで246年間、町政の役所として機能してきました。
現在の跡地は奉行所の裏側にあたり1,000センチ平方メートル程度ですが、当時の屋敷図では現在の5倍もの広さがあり、堀と土塁を廻らせ南端は新井田川に接していました。

基本情報

住所山形県酒田市本町1-3-12
交通アクセスJR酒田駅から車で約7分
日本海東北自動車道 酒田ICから車で約15分
駐車場山居倉庫駐車場をご利用ください
料金無料

問い合わせ先

問い合わせ先酒田市社会教育課
電話番号0234-24-2994

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットから近い宿泊施設

酒田・鶴岡エリアの宿泊施設を探す
PR